計測器の校正の必要性について

計測器や測定器における校正とは、標準と計測器が示す値との測定の対象となる関係を確定することを言います。中でも、計測器の校正は測定に関する誤差を小さくすることにあります。標準器とする校正を受けている計測器を使うことで、適正な計測を行います。計測器を使って計測を行った場合、その値が正確かどうかは計測を行っている人には確認ができません。そのため、計測器の信頼が第一になり、校正によって測定結果の信頼度を左右します。計測値の信頼が低くなってしまっては、計測自身が無意味になってしまいます。そして、信頼度の低い測定器の商品が市場に流通してしまうと、市場の流通した製品をすべて測定し直すことになってしまいます。しかし、測定器の測定を完璧に測定することは不可能です。そのため、計測値とは本当の値に近い値ということになります。それは基本的に計測器で行う測定には、なにかしらの制限などがかかってしまうからです。そして、計測器の校正に使った機器や設備などの不確かさの影響や計測の統計誤差なども要因となります。そのため、計測器で計測した値がどれだけ精度が高いかを示すためには、計測の不確かさを許容範囲として把握する必要があります。