放射温度計と温度校正について

放射温度計とは、赤外線や可視光線の強度を測定し、その物体の温度を計測する装置です。長所としてあげられるのは測定が高速であること、非接触で測定できることです。測定対象物と温度計が同温度にならなければならない多くの温度計、測定方法ではある一定の時間を要するのですが、非接触の為短時間で温度測定ができます。放射性温度計の中で固定式放射温度計は、食品工業、原子力などの製造過程、加工、熱処理の中で物体の温度を長時間測定することができます。用途専用放射温度計は、測定精度があげられない難しい物体、または測定条件に対処するための用途専用の温度計です。走査式放射温度計は、一点の温度測定ではなく、一軸方向の温度を高速測定します。温度計の走査方向と移動方向を直角にして2次元のデータ処理をします。ポータブル放射温度計は溶湯測定専用であり、例として電気炉、キューポラ、柱湯場などで使用します。熱画像システムはプラント、機械、電気設備、電子回路板、生体などにおいて、熱画像測定をすることです。さらにデータ解析に関しても容易にできます。温度校正炉は各種黒体炉を利用することで校正、チェックが容易となり、校正作業時間が短縮可能になります。さらにポータブルタイプを使用することで可能性が広がります。